トップページに戻る  
高速道路,高架橋のコンクリート剥落防止(はく落防止)ネットの施工
アミーGO!
ごあいさつ 営業品目 会社概要 プレスリリース お問い合わせ リンク サイトマップ  
MENU
ゴルフ練習場・ゴルフ場の各種施工
学校グランド・公園など防球ネット工事
コンクリート剥落(はく落)防止ネット工事
天井落下防止、天井脱落防止ネット工事
防鳥ネット・鳥よけネット工事・防鳥対策
スポーツ施設ネット工事
フットサルコートの施工
その他施設工事
各種ネット商品の販売
LED蛍光灯・LED照明
ニューストピックス
 
防球ネット図面集ダウンロード
最新施工事例のご紹介
お客様の声
お問い合わせ
落下防止ネットのことならご相談ください。
お問い合わせ専用フォーム>>
FAX専用用紙 FAXによるお問い合わせはこちら専用用紙でお願いします。
大阪 FAX:06-6466-3452 
東京 FAX:03-6304-2008

取引の流れ
弊社への依頼をご検討されている方は、施工工事のお申し込みから企画立案・完成までの流れをフォローチャートにしたお取引の流れのページをぜひご覧下さい。
お取引の流れ>>
剥落(はく落)防止ネット
コンクリート剥落防止ネット高力ボルト落下防止ネットネット見本1ネット見本2施工実績
コンクリート剥落防止ネット施工の必要性についてスマートメッシュ(剥落防止対策ネット)
タフメッシュ工法フィットメッシュ(トンネル用コンクリート剥落対策ネット)
Vメッシュ(コンクリート剥落防止ネット)|
スマートメッシュ 剥落(はく落)防止対策ネット
スマートメッシュ
高強度ビニロンネットを使用付属物をかわした設置が自在アンカーは打ち込むだけの簡単施工
従来工法との比較施工後も点検・維持管理が容易

スマートメッシュ施工手順
主要施工機械及び工具主要使用材料準備工設置例施工フロー


スマートメッシュとは
西日本高速道路エンジニアリアング
高強度のビニロンネットを使用したネットで、耐久性、施工性に優れ、周辺環境にマッチする剥落防止ネットです。
スマートメッシュの販売オーダーは、1本(2.1M×50M)の1巻からとなります。

高強度ビニロンネットを使用
■PVC被膜(塩ビ系合成樹脂)加工
高度で、形状保持が良く、弛まない施工が可能です。
■優れた耐久性・難燃性
耐久性、難燃性、耐アルカリ性・対候性・耐紫外線性能に優れています。
■端縁の仮止め帯層
両面テープで仮止めが可能です。また、帯層にアンカーを設置することで、落下力に抵抗を高めます。
高強度ビニロンネットを使用

■切断・加工が容易
通常のカッターやハサミで切断、切抜きの加工が容易にできます。
■構造物の角まで施工が可能
構造物の形状に合わせ易く、排水管などの付属物をかわして施工することが可能です。
排水管周辺も施工が容易

アンカーは打ち込むだけの簡単施工
■打ち込むだけの簡単施工
事前に削孔し、打ち込み棒で打ち込むだけの簡単施工です。また、頭部ボルトがないため、締め忘れによるナットの落下がありません。
■アンカー本数、位置は自由に配置が可能
付属物などの状況により、必要支持力、形状保持を考えて、自由に]配置することが可能です。
■樹脂系接着剤
打ち込み後に樹脂系接着剤を圧力注入し、引抜強度を高めます。
打ち込み棒とハンマーで打設
 
従来工法との比較
比較/工法
従来工法(剥落防止ネット)
スマートメッシュ
概要図・特徴
全景・写真

施工後も点検・維持管理が容易

■施工後も部分撤去が可能
スマートメッシュは構造物に密着するため、メッシュ上からの赤外線調査が可能です。部分取り出しが可能で、設置後の維持管理が容易です。

 


スマートメッシュ施工手順  

以下は、橋梁張り出し部等、コンクリート片剥落対策の工事例の施工手順の説明です。


主要施工機械及び工具
機 械 ・ 工 具 名
形 式 ・ 能 力
使 用 工 種
高所作業車
BT-100程度等
設置
電動ドリル
100V
削孔
打込み棒
-
パイプアンカー打込み
樹脂注入ガン
H283PM
樹脂注入

主要使用材料
品 名
規 格 等
備 考
スマートメッシュ
目合い8*8 ASV-4000
(既製品L=50.0mW=2.1m)
パイプアンカー
(一式)
PL60×60-6M
ジョリシール
JB-18
(樹脂液剤)
2液混合用先端 注入樹脂 樹脂注入ガン
 

準備工
・橋梁の走行側・追越側で、形状や支障物等により設置幅や位置が異なるため事前に、既製品を加工する。
・スマートメッシュ既製品はL=50.0mのため、オーバーハング車バケット上で取扱いが安易なL=4.1mに切断する。
・遮音壁や投物防止柵の外付け支柱等があり、製品幅2.1mを切断する場合は現地設置幅に合わせ事前に加工しておく。なお、切断した場合もスマートメッシュの耳部が上段となるよう設置する。
・パイプアンカー配置の1.0m間隔をマーキングしておく。

スマートメッシュ設置
・パイプアンカーを組立てる。
スマートメッシュ施工例
 

設置例
(支障物が有る場合)
・外付けの遮音壁・投物防止柵支柱があり、スマートメッシュを1.8m幅(例)に加工した場合。
  (支障物が無い場合)
・製品幅の2.1mにて施工。
スマートメッシュ施工例  
スマートメッシュ施工例
 
・橋軸方向の、重ね合わせは10cm程度とする。
スマートメッシュ
 
・樹脂注入の際、若干余盛をし、パイプアンカー上部を樹脂にて覆うようにヘラ等にて整える。
スマートメッシュ
 
(排水管がある場合)
・橋梁張出し部の下面に排水管が設置されている箇所については、現場にて加工し施工する。
下段部より切込を入れ、排水管を避けるよう加工し、下段部の切込には現地寸法に合わせたスマートメッシュを上から貼り付ける。パイプアンカーの配置は【A-A断面】を参照。

 

施工フロー
番号
施工内容(写真は走行車線側の施工状況)
注意点等
1
施工範囲の壁高覧(上面)に墨出しを行う
・施工起点となるので、正確に施工範囲を決める
2
墨出し位置にスマートメッシュを両面テープにて仮止めする
・スマートメッシュを落下させないよう注意する
・必要な場合は、非破壊検査にて鉄筋・PCケーブルの位置確認を行う
3
電動ドリルにて削孔する
(ドリルφ6.5×50)
・電動ドリルを落下させないよう注意する
・削孔時のコンクリート粉が飛散する為、防護メガネやマスクを着用すること
4
アンカーで固定する
・ハンマー、打込み棒、パイプアンカーを落下させなよう注意する
・打込み棒の先端が折れやすいので、真っ直ぐ打込む

5

アンカーに樹脂を注入する
・注入ガンを落下させないよう注意する
・樹脂は十分注入し、なおかつ垂れ落ちないよう注意する
6
3〜5を繰り返し、上段部を固定する
・全体的にたわみの出ないよう施工する
7
中間部の削孔をする
(ドリルφ6.5×50)
・スマートメッシュを若干引っ張り気味でたわみの出ないように支え、削孔する
8
アンカーで固定する
・上段部に比べ、施工し難いので、力加減に注意する
9
アンカーに樹脂を注入する  
・樹脂は十分注入し、なおかつ垂れ落ちないよう注意する
10
下段部を必要により両面テープにて仮止めする

・たわみの出ないように、仮止めする
11
下段部の削孔をする
(ドリルφ6.5×50)
・上段部、中間部に比べ、施工し難いので力加減に注意する
12
アンカーで固定する
・上段部、中間部に比べ、施工し難いので力加減に注意する
13
アンカーに樹脂を注入する
・樹脂は十分注入し、なおかつ垂れ落ちないよう注意する
14
3〜5を繰り返し、上段部を固定する
・全体的にたわみの出ないよう施工する
15
完 了
 


剥落(はく落)防止ネットのことはご相談ください
コンクリート剥落(はく落)防止ネットの施工及び販売に関するご相談は、担当スタッフが対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談・お問い合わせ・資料請求はこちらをクリック >> アミーGO!

 
防球ネットの富士ネット工業